骨が薄い場合のインプラント

骨が少なくてもインプラントは可能です

骨の薄い方でも可能にする技術

歯医者さんにインプラントの相談をしたら、「骨が薄いのでインプラントが埋入できません」と諦めてしまっている患者さまもいらっしゃるかと思います。

当院ではインプラントや歯周外科治療を学んだインプラント認定医が在籍しております。患者さまの口腔内が悪条件でもインプラントを埋入することが可能になってまいりました。

難易度が高く、専門の技術と知識がないと扱えない治療法ですが、当院のインプラント担当医は十分な技術を備えており、幅広く対応しております。

若干、大掛かりな治療になりますが、静脈内鎮静法などによって、極力患者さまに負担の少ないインプラント手術を受けていただける環境を整えております。

ソケットリフト法

ソケットリフト法

上顎の奥にインプラントを埋入する場合、上顎洞と呼ばれる骨の空洞が近接し、骨の厚みが確保できない場合に用いる手術法です。

左図のように、上顎洞にインプラントが突き抜けてしまう場合は、インプラントを埋入することはできません。ソケットリフト法(右図)を用いると、上顎洞が上に押し上げられインプラントを埋入するスペースを確保できます。また、骨も増骨されているのでインプラントが安定します。

少量の骨増生に適した術式で、大量の骨増生が必要な場合は下記のサイナスリフト法が適応になります。

サイナスリフト法

サイナスリフト法

ソケットリフト法と同じく上顎の奥にインプラントを打つ際、上顎洞と呼ばれる骨の空洞が近接し、骨の厚みが確保できない場合に用いる手術法です。

左図のように、骨が吸収し、上顎洞が下がっている場合は、同じくインプラントを埋入することはできません。サイナスリフト法(右図)を用いると、ソケットリフト法と同様に上顎洞が上に押し上げられインプラントを埋入するスペースを確保できます。

ソケットリフト法との違いは、大幅に骨を増やす必要がある場合にサイナスリフト法を選択します。

GBR(骨誘導再生)法

GBR(骨誘導再生)法
GBR(骨誘導再生)法

インプラントを埋入する場所の骨が少なく、このままではインプラントが大きく露出してしまう場合に、特殊な遮蔽膜を使って骨を増やす手術を併用することによって、適切な部位にインプラントを埋入することが出来ます。

骨の厚みが足りずにインプラントを埋入できないような場合でも、上の図のような手順で人工骨などの移植剤をのせ、骨の再生を行います。これにより、ボリュームアップした骨にインプラントを埋入することが可能となります。

お気軽にお問い合わせください
tel:0120-118-241
Top