歯周病治療

歯周病とは

問診

ほとんどの方が大切な歯を失う要因として虫歯を連想されると思いますが、歯周病は歯を支えている周りの組織(歯周組織)に起こる病気で、虫歯以上に歯周病(歯槽膿漏)で歯を失ってしまう方も多いのです。 とくに30歳代後半から歯周病によって歯を失うリスクが高まり、ご自分では気づかない軽い症状を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最大原因となっています。

P1:軽度歯周病
軽度歯周病

やや歯茎が腫れ、歯槽骨の減少が始まります。少し歯の動揺がします。

P2:中等度歯周病
中等度歯周病

大幅に歯槽骨が減少します。歯の動揺も大きくなります。

P3:高度歯周病
高度歯周病

抜歯をする必要が出てきます。

歯周病の治療

問診

歯周病は軽度の段階であれば歯や歯の周囲のクリーニングなどで清潔を保つ処置で改善できますが、歯周組織の破壊が進んでしまうと手術などが必要になってきます。
更に重度の場合、破壊された歯周組織に対する再生療法が必要となり、最悪の場合は、抜歯をしなければいけない状態になります。歯周病は早期発見・早期治療が大切なのです。
歯周病治療は、生活習慣の改善や正しい歯磨きなどを習得し、口の中の健康を通して体全体の健康を維持するよう患者様のご協力が大切になります。

歯周病と全心疾患

問診

歯周病は細菌による感染症ですが生活習慣病でもあります。タバコ・ストレスなど歯周病を悪化させる因子は様々ですが、その直接の原因となるのは細菌です。
義歯に付着する汚れの正体も、歯周病の細菌とほぼ同じです。義歯をきれいに保つことも全身の健康のためには大切です。
近年、歯周病と全身疾患の密接な関係が明らかにされてきました。 歯周病の原因菌は、口から体内に侵入することで、様々な疾患を引き起こします。 例えば、糖尿病、心疾患、肺炎、低体重児出産、脳梗塞、アルツハイマー症になる可能性が高くなることが示されています。

お気軽にお問い合わせください
tel:0120-118-241
Top