最高品質のインプラント

当院で採用している、インプラントメーカー

インプラント治療が世界中で普及し始めたことにあたり、インプラントメーカーも世界中で数十社を超えてきました。全てのメーカーにおいて、臨床の実績を元に認可され、製品化されていますが、ミサワデンタルクリニックでは、特に厳しい基準で性能と価格の両方の満足度を満たすことができる、下記の3つの最高品質のインプラントメーカーを採用しております。

ストローマンインプラント

ストローマンインプラント

1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。
骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。

ストローマンインプラントはITI学会(Internatioonal Team for Implantology/インプラント学のための国際チーム)の医学的理論に基づいた厳しい品質管理の下で研究・開発・製造・販売が進められており、製造元であるストローマン社は国際基準であるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ています。
世界各国で使用され、最も信用されているインプラントの一つに数えられています。

ブローネマルクインプラント

ブローネマルクインプラント

ノーベルバイオケアはインプラントの代名詞「ブローネマルクインプラント」のメーカーであり、世界70カ国以上で使用されており、主に先進医療を行っている病院などで多く使われています。長い歴史と多くの経験から、高精度・高品質な材料を安定して提供してきた、一番信用の高いインプラントです。日本はもとより世界の歯科用インプラント市場においてNo.1のシェアです。

一口にインプラントといっても様々なシステムがあり、安全性はそれぞれ異なります。

全てにおいて完璧な治療をご提供するために、当院で採用しているのは、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム(インプラント治療システム)です。ブローネマルクシステムによるオッセオインテグレーテッド・インプラントは、1952年にスウェーデンのペル・インクヴアール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから始まります。

博士はその後13年間、綿密な基礎実験と動物実験を重ね、チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、チタンに対する骨の拒否反応は全くといってよいほど起こらず、そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が生まれることを確信しました。

そして1965年、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートし、以来、最も信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で使用されています。ノーベルバイオケア社は、臨床応用以来、ずっと博士と共に歩み、インプラントを製品展開した世界初の企業として、現在では40年を越える世界最多の臨床実績を誇り、近代インプラントシステムのパイオニアとして広く知られています。

マイティスアローインプラント

マイティスアローインプラント

マイティス開発のコンセプトは「インプラントを中心とした骨治療の統合システム確立」。第3世代のインプラントロジーを追求し、機能的なルートフォーム形態で様々な症例で使い分けることが可能で、形状のラインナップが豊富です。

特にマイティスアローインプラントには、ABS表面処理という生体親和性に優れた水産アパタイト(HAP)を含む、β-リン酸三カルシウム(β-TCP)のセラミック供晶体にてブラスト処理を行い、その後純水による長時間の超音波洗浄を行うという方法で作られ、この表面処理法により、チタン表面にマイクロサフネスを与え、その工程で生成されるマイクロサフネスが表面で細胞活性を促進します。

マイティスのこの方法のメリットは、コーティング層が表面に存在しないため、摩擦によって剥離することがないこと。 コーティング層がなくても、リン酸カルシウム(HAPとTCP)でサンドブラスト表面処理を行うため、アルミナなどの生体不活性物質が無いので高い生体親和性(骨接触率95%)を持つ点などが上げられます。

お気軽にお問い合わせください
tel:0120-118-241
Top