埼玉県春日部市の歯医者:
インプラント治療のみさわ歯科/みさわ歯科ミサワデンタルクリニック

一般歯科

一般歯科とは

問診

通常、患者さまが歯医者さんに行く時は、歯が痛いなど、なにか歯や口腔内に異常を感じた時が大半だと思います。その時の診療科目がいわゆる一般歯科と考えていただいて良いと思います。特に虫歯に関しては、誰もが知っている一番有名な口腔内の疾患かもしれません。最近では歯周病というキーワードもかなり認知されてきました。そんな虫歯と歯周病ですが、実は大事な歯を失ってしまう一番の要因がこの二つなのです。いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では最新医療設備と技術をご提供いたします。

虫歯

虫歯とは、口腔内のミュータンス菌が歯面に付着し、そのミュータンス菌が出す酸で歯が溶かされ、虫歯になっていきます。虫歯は「ミュータンス菌の増加」、「それにより歯質が弱体化」、「継続的な糖分摂取」が重なり、次第に進行していきます。虫歯を予防するには、上記の要素を生活の中で意識的にコントロールすることが、虫歯予防の第一歩だと考えられます。

歯肉炎

歯肉炎というのは、歯周病の初期症状です。歯肉炎になると、歯ぐきが赤く腫れたり、歯を磨いた際などに出血しやすくなりますが、進行した虫歯のような痛みはほとんどありません。ただし、そのまま放っておくと、虫歯と同様に進行していき、歯周病になってしまいます。歯肉炎は歯周病よりも割合治しやすい病気です。日頃から定期的に歯医者さんに通い、お口の中を清潔に保つことで治すことができます。

歯周炎

歯周炎は、歯を支える硬軟両組織が炎症を起こし、歯槽骨を破壊し、最終的には歯を失ってしまいます。さらに最近の研究結果では、深刻な歯周病になると、口腔内細菌が血流内に入り込み、心臓疾患、糖尿病の悪化や認知症、低体重児早産など、深刻な全身疾患を引き起こす危険因子が高いということが報告されています。

虫歯の進行について

虫歯は、風邪や腹痛と違って、自然治癒することがほとんどない病気です。 また、困ったことに虫歯は初期段階で痛みがないため、痛みを感じるころには歯髄や神経にまで進行が及んでいることが多く、結果大きな治療を必要としてしまうケースが多いです。 これを防ぐには、日頃の正確な歯磨きも必要ですが、定期的に歯医者さんに通院し、メンテナンスを受けることも非常に重要です。 下記は、虫歯の進行を図解したものです。

C1
問診

初期段階は、歯面外側のエナメル質をミュータンス菌が出す酸で溶かしていきます。

C2
問診

次の段階では、エナメル質より内側の軟らかい象牙質まで進行していきます。この段階になると、冷たい水が歯にしみるようになります。

C3
問診

さらに進行して、菌が神経に達すると、非常に強い痛みを感じます。この段階で我慢できなくなり、歯医者さんに来られる患者さまが多いです。

C4
問診

虫歯の最終段階です。何も治療を施さず、放っておくと、図のように歯がほとんどなくなってしまいます。

お気軽にお問い合わせください
tel:0120-118-241
Top